愛知県保健医療計画から見る県内の医療状況

愛知県保健医療計画というものについて、皆さんは既にご存じでしょうか。
この保健医療計画からは、同県が医療を提供する体制に関する基本的な方針や、計画などが記載されているものです。
この内容をあらかじめ確認しておくことによって、同県における様々な状況に関する情報を入手することができるため、同県での勤務を検討している医師の皆さんは、原文に関しても愛知県のホームページ内により入手することができますので、ぜひご一読いただければと思います。

それでは、保健医療計画の中より内容を少しまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

愛知県保健医療計画の基本理念

2017年3月、医療提供体制の確保に関する基本方針及び、医療計画作成指針が改正されました。
その内容に基づき、同県の計画も見直しが進められたというものです。
愛知県がん対策推進計画、愛知県高齢者健康福祉計画などの新たな計画も策定されるため、これらとの整合性を図るための見直しも行われております。

同計画では、計画の進行管理に関しては愛知県医療審議会に都度報告を行い、進捗状況の評価、方策等に関する意見を求めるなどし、進行管理の徹底を図っています。
また、進捗状況に関しては同県ホームページに掲載するなど、十分な広報を行うものとしています。

愛知県内の地域ごとの概況

ここでは、県内における様々な概況について、少しまとめてみたいと思います。

同県はいわば本州の中央にあります。西部は木曽川によって作られた平野、東側には尾張丘陵があり、南にのびた丘陵の先には知多半島が形成されています。
名古屋市を中心とした東西交通によって、産業や経済などの条件には恵まれているため、大企業であるトヨタを始め、製造品出荷に関しては全国でも1位とされる工業県と言われています。

道路状況が良いため、大変アクセスが便利なっており、東名、新東名、名神高速道路がその役割を担っていますが、同時に中央自動車道、東海北陸自動車道、東名阪自動車道も伸びており、動きやすい街と言えるでしょう。
また、鉄道に関しても多くの線が走っており、空港もあるため、いずれの地域にも移動しやすいものと思われます。

地域医療区層の推進

地域医療構想の主な内容としては、構想区域の設定、必要病床数の推計といった部分が挙げられます。

構想区域の設定としては、尾張中部医療圏はその敷地面積が小さく、圏内の患者の多くが名古屋医療圏(名古屋市)に流入しているため、名古屋医療圏と統合することによって、1つの構想区域とし、その他2次医療圏を、それぞれの構想区域と設定しています。
設定された構想区域ごとに、医療需要の推計や調整、必要となる病床数の推計や各構想を実現するための方策、委員会の設置、病床機能に関する病床の情報提供推進などを行うことを、推進していくものとしています。