愛知県内の救急医療体制

交通事故が多いため、救急医療に関するニーズが高いとされる愛知県。
地域構想においても救急医療体制が3本柱の内の1つとして取り上げられるなど、体制を整えるべく様々な部分に関する整備が急がれていますが、実態としてはどうなのでしょうか。

今回は、愛知県内における救急医療の体制について、少しお話をさせていただきます。

救急医療における愛知県内の現状

愛知県では、有識者会議において、救急医療体制を確保するために、救急医療に関して様々な課題を特に抱えている5つの医療圏を対象に、医療連携に関する提言が過去に行われています。

その提言を元にして、地域医療再生計画が策定されているわけですが、この計画からは対象地域が2医療圏に限定されてしまったため、課題を抱えているその他の一部地域が対象外となっている、という事実は見逃せないところです。

例えば、対象外となった知多半島医療圏での救急搬送件数は、圏外への搬送件数が多く、全体では25%もが圏外の機関に搬送されているという事実もあります。
また、県域では結ういつの救命救急センターとして半田市立半田病院が受け入れとして約4割程度を占めているのですが、同病院にも受け入れに限界があることから、重症患者の圏外搬送件数がより増加してしまっています。

救急医療における愛知県内の課題

県内の救急医療における課題としては、上記における問題が一つあります。
半田病院を含め、いつでも対応することが可能な医療機関の増設、急性期を過ぎた患者を受け入れるための病床整備などを行い、救急患者の受け入れ体制を確保する必要があるのです。

また、急性期を過ぎた方が在宅療養に移行するまでの医療提供体制を構築すること、在宅療養患者が地域医療を適切に受けられるよう、医療連携を含め、そのネットワークや流れを整備すること、災害拠点における発電装置の整備促進や、震災時の非常に関する対応を整備する必要などが、当面の課題として取り上げられています。

課題に対する今後の対策

上記課題に関する同県の今後の具体的な対策に関しては、何点か要点があるため、少しまとめてみました。

・知多半島において医療連携を促進することにより、緊急性の高い疾患に対しても迅速に対応することが可能なネットワークの構築。
・各地域における在宅療養患者が地域医療を安心して受けられるよう、病床を整備する事によって、医療全体の流れを整える。
・災害拠点病院の体制を強化し、万が一にも安心できる地域医療体制構築の推進。
・知多半島医療圏における救急搬送件数のうち、圏内病院への搬送割合を5%以上のアップ
・災害拠点病院のうち、自家発電装置が72時間以上かどう可能な病院を、現時点より11拠点増設する。